自分がワキガかどうか知りたいならセルフチェックしよう

ウーマン

手軽にできるチェック法

脇

耳垢をチェック

日本人は体臭が薄い人が多いこともあり、ワキガであるとかなり目立ってしまうこととなります。とはいえ、本人は自覚症状がないことも多く、他の人に指摘された初めて気づいたということも少なくありません。体臭が発生しているのではないか、ワキガではないかと心配している人は医療機関で判断してもらうという方法もありますが、まずは自宅で手軽に行えるセルフチェックを試してみることがおすすめです。セルフチェックでは、まず家族にワキガの人がいないか確認してみましょう。家族がそうだからといって、必ずしも遺伝するというわけではありませんが家族に体臭が強い人が多い場合はその体質を受け継いでいる可能性があります。このほかで手軽に行えるセルフチェックでは耳垢のチェックがあげられます。耳垢が湿っている場合は耳の中にアポクリン腺が多い傾向にあり、他の部位もアポクリン腺が多いことが予想されます。このほかの手軽に行えるワキガのセルフチェックでは衣服のチェックがあげられます。ワキガ体質の人は衣服のワキの部分が黄色い汗じみが出来ていることが多い傾向にあり、汗の量も多い傾向にあります。ワキガであることが確認できたら、対策をしっかり行いたいですが、まずは清潔を保つことが大事ですし、食生活が体臭を強くしている原因となることもありますので、肉類、脂肪類は控えておくことがおすすめです。衣服にも臭いが移りやすいので、体だけではなく衣服の消臭もきちんと行っておきましょう。治療で対応することもできますが、まずは消臭剤や制汗剤などを試してみてはいかがでしょうか。