自分がワキガかどうか知りたいならセルフチェックしよう

ウーマン

この方法でチェック

チェック

ニオイはデリケートです

現在は世代や性別を問わず、ニオイに関して気を使う人が増えています。その背景には「スメルハラスメント」いわゆるニオイによる嫌がらせという言葉がマスコミで取り上げられたことが大きく影響し話題となっています。しかし一口にニオイといっても様々な種類がありますが、ニオイの中でも特に「ワキガ」は自分では気づきにくく、そして他人が指摘しにくいニオイだと言われています。それでは自分がワキガであるかどうかのセルフチェックの方法、そしてワキガの場合の改善方法について見ていきます。まず自分がワキガであるか確かめるためのセルフチェック法を挙げていきます。セルフチェック法は非常に簡単で、1日着用した下着や洋服の脇の部分のニオイを嗅いでみる、次に下着や洋服の脇の部分が黄色いシミになっていないか確かめる、この2つのセルフチェックでほとんど確かめることができます。しかしセルフチェックでワキガの症状がないという場合でも、親や兄弟にワキガの人がいる場合はワキガになる可能性があるので注意が必要になります。ワキガということが判明した場合、柿渋などタンニンが多く含まれているボディソープや石鹸を使用することや、殺菌作用のあるデオドラント製品を使用することで改善することもできます。セルフケアでも改善が見られない場合には、病院で注射や手術を受けることによって症状を抑えることができます。ワキガの治療は保険適用されるので金銭的な負担も心配いりません。